三重県津市 花屋 CHELBAN [シェルバン]。花束,アレンジメントフラワー,ドライフラワー,プレゼント,プリザーブドフラワーの販売 オンラインショッピング。

三重県津市 花屋 CHELBAN [シェルバン]。花束,アレンジメントフラワー,ドライフラワー,プレゼント,プリザーブドフラワーの販売 オンラインショッピング。

Sawa

三重県津市 花屋 CHELBAN [シェルバン]。花束,アレンジメントフラワー,ドライフラワー,プレゼント,プリザーブドフラワーの販売 オンラインショッピング。

Sawa

フローリスト

『Flowers for humans 人間の為の花』を提唱。
お花や植物を生活のシチュエーションに対して用い、人と人が共に理解を築くことを理想としています。
お花という誰もがいつも身近に感じられて、共感を伴う古くからある命の体系を伝えています。

夜のレッスンNoir  教育者
草花に触れ、本当の自分を映し、本質に向き合い、あなたらしさを確認するレッスンを行い、お互いにその人の理解を促進する機会としています。 個別レッスンの形態で、ヒアリングを重視し、その人の可能性をお話しています。

花から始まるWedding 考案者
ウェディングの窓口が式場以外にあり、結婚を考えられている方が沢山の可能性に出会える環境を理想として活動しています。 よく分からないままに進めるよりも、まずは結婚を考えられた時にお花屋さんに相談してお二人のイメージを考えることを提案しています。

花のライブ
インスタレーションアートとのコラボレーションなど、草花の魅力を伝えるための活動をしています。

  • 即興音楽とのコラボレー ションユニット『雑音草』に在籍。
  • 2014年:ギャラリーVOLVOX 24時間ブーケを束ね続けるイベント『Hana-baca』
  • 2015年:ミエチュウオウ 文化祭ステージインスタレーション
  • 2016年:ギャラリーVOLVOX 花とjazzイベント『雑音草』
  • 2018年:和太鼓奏者 服部博之ステージインスタレーション/花活けイベント『啐啄』
  • 2019年:ギャラリーVOLVOX 27時間花イベント『花散るや金輪際のそこひまで』
  • 2021年:ギャラリーVOLVOX 花ライブ『化花者』

作品展

  • 2021年:ギャラリーVOLVOX 作品展『三茶花』

フローリスト Sawa

作品
Blog『花言葉』にて、花についての考え方や言葉を綴っています。
2021年:ギャラリーVOLVOX 花ライブ『化花者』
2021年:ギャラリーVOLVOX 作品展『三茶花』
作品集『花ノ女たち』(かのじょたち)を製作中。

Profile

澤 岳司(サワ タカシ)

CHELBAN主宰 / Florist / 花人 / Non-verbal communicator
教育者 / ウェディングプロデュース

1983.8.17 奈良県生まれ

屋根屋の次男として生まれ、20才までを奈良県で過ごす。
幼少期は、感覚遊びが好きな子どもで、地面や木肌を触っていることが多く見られた。
他の子よりも発達が遅い面が多く見られ、教員が母親に指摘する場面が何度もあった。

高等学校三年生の折に、父親の経営する会社が経営不振の為に倒産する。
倒産するまでの期間、借金を返済するために屋根屋として働く。
その後、返済のために長年住んだ家を売却し、親しんだ土地を離れて三重に移り住む。

その期間にあった家庭不和の経験がトラウマとなり、三重に移り住んだのち20代のほとんどの時間を思い煩い悶々と過ごす。荒涼とした心の救いを求めて、言葉や文章を書き記すことが多かった。その間に書いたものは童話小説や短編小説であった。

27才の時に、花屋に立ち寄ったことがきっかけとなり、『花の世界』にのめり込むことになる。荒涼とした心の出口に出会い、人生が180度変わっていくことになる。
最初に美しさを感じたのはChristian Tortu(クリスチャン トルチュ)の作品集『花の向こうに』(原題: Au-dela des fleurs)。この作品集から伝わる生命力に感銘を受ける。
数年後に起業するまでの間に、様々な花をする機会と花を愛する人に出会う。

32才の時に、北角真利枝と共に花屋『CHELBAN』を起業する。
自分達が出来得る限りの花の可能性を探し、様々な花の現場を作る為に奔走する。

現在、自身が得た経験と考え方を有効活用してもらえるように『教育』を重要視している。
花をしている間に独学で培った非言語コミュニケーション(non-verbal communication)をくみ取る観察法『止周動-Stop motion-』のテキストドリルを製作中。
教育を基盤とした組織作りを実践している。

幼少期・年少期

幼少期、兄と母の死をふと想像してあまりの哀しさに泣き続けるような感受性を持つ子どもであった。

5歳程の頃、VHS『ゾンビ』(原題: Dawn of the Dead)を観て、暗闇や眠ることが怖くなる。何度もVHSを再生して、『ゾンビ』映画を観ている様子に家族が心配する。 その後、ホラー映画を観るようになり、ホラーに限らず映画鑑賞が好みになる。
小学生の頃は、国内外のオカルトや不思議なことについて図書室で本を読むことが多かった。

2022年、敬愛する母親の死から、自分がホラー映画を観続けていた理由に出会う。
生と死を境界で分かつことが難しい存在、サイクルの中で永遠を保つ存在、終わりのないもの、そのようなものに愛と懐かしさや畏敬の念と安心感を抱き、『ゾンビ』映画を観ていたことを思い出す。その時、同時に花をしている理由にも気付く。花や植物にもサイクルがあり、生と死を分かつことが難しい存在であり、自分が死んだ後も芽を出し花を咲かせると思うと、離れることのない永遠の安心感を与えてくれる存在として自分が感じていたことに気付く。

思春期・青年期

高等学校三年生の折に、父親の経営する会社が経営不振の為に倒産したことがきっかけで様々な人生の疑問に出会うことになる。
その時の経験から『相互理解』の考え方を持つようになる。

親しんだ土地を離れて三重に移り住んだことで、愛着を持った土地で生活を継続し続ける方法について考える。様々な視点で『有限な時間の有効活用』の方法について考え始める。経営不振や家庭不和を通して、人生で起こり得る可能性があった『継続可能なコミュニティ』を作る方法を考え始める。この頃から、『生活の幸福度』に関心を持つようになる。幸福度の高い集団の生活には、生活の中心として『ライフワーク』が存在しているのではないかと考えるようになる。
・『ライフワーク』×『相互理解』×『継続的なコミュニティ』=『生活の幸福度』 という視点で物事を観るようになる。

高等学校の同級生が大学へ進学した中で、自分が進学しなかったことと当時の生活の困窮で強い劣等感を抱くようになる。
三重に移り住んだのち、様々な職種に就く。
ゴルフ場、ゴルフ練習場の球拾い、ガソリンスタンド、新聞配達、カフェ、営業、派遣業、結婚式場の音響、オイル工場、牧場、電子工場、競輪場、福祉型障害児入所施設、バー、警備、機械工場、介護施設、郵便配達、清掃業。
20代のほとんどの時間を思い煩い悶々と過ごす。沢山の人に出会う。
自分のことを深く考えず、自分の心や周囲の人達の気持ち、今ある問題、全ての物事から逃げ続けるような破滅的な考えで過ごす。

27才の時に、冷やかしで花屋さんに立ち寄ると、店主から「お花をしてみますか?」と言われる。その場でお店のディスプレイにブリキのバケツと紫色のバラとアイビーを生けてみると、「センスが良いから続けた方が良い」と言ってもらう。
生まれて初めて、人から褒めてもらえたようにその時に感じる。この時の経験から『教育』の視点を持つ今の考え方に至る。
作業内容や成果に対する評価ではなく、自分の気持ちの『表現』としての非言語コミュニケーション(non-verbal communication)をくみ取ってもらうということがこの時に行われていたと考え、他者理解の上で重要視している。

学びの時期

最初に訪れた花屋さんで『花の世界』の素晴らしさを教えてもらう。フレンチスタイルの花作りを勉強されていたので、この時期はその内容が多かった。自分で自由に花を選らんで作るということをさせてもらえる場所であった。
他の仕事をしながら、ウェディングや店舗ディスプレイetcの花の現場について行き、店舗での仕事も教えてもらう。想像力に心を弾ませて、不安と希望が入り混じった毎日を過ごしていた。今も色褪せない花の楽しさは、この時に与えてもらったと感じている。
CHELBANを開業前、勤務していた福祉型障害児入所施設が応用行動分析を取り入れていたことから、花において最も重要な『観察力』を万人の生活環境で生かすことが出来ないかと考え始める。

32才の時に、北角真利枝と共に花屋『CHELBAN』を起業する。
自分達が出来得る限りの花の可能性を探し、様々な花の現場を作る為に奔走する。

現在

自身が得た経験と考え方を有効活用してもらえるように『教育』を重要視している。
花をしている間に独学で培った非言語コミュニケーション(non-verbal communication)をくみ取る観察法『止周動-Stop motion-』のテキストドリルを製作中。
教育を基盤とした組織作りを実践している。

New arrive

三重県津市 花屋 chelban [シェルバン] 花言葉16

  • 花言葉

花言葉16

前に書いたかもしれませんが、お花は命の表現です。誰もが赤ん坊の時、生まれた瞬間に「おぎゃあ」と産声をあげてこの世界に誕生します。その泣くという行為が最初の表現手法だと思います。 大人になるにつれて、沢山の知識を身に着けて、どんどんと表現手法が増えていきます。そのうちに、表...

三重県津市 花屋 chelban [シェルバン] 花言葉15

  • 花言葉

花言葉15

   先日、フラワーライブを行った時のことです。お題目は『哀しみ』という内容でさせて頂きました。前々回に行ったライブにも来てくれていた方が、今回のライブの後に話をしてくれました。「前のライブの方が哀しかったですね。今回は8割といった感じです」彼は、そのようなことを言...

三重県津市 花屋 chelban [シェルバン] 花言葉14

  • 花言葉

花言葉14

『見立て』と言う言葉があります。 対象を別の物事に例えることを言うのですが、この『見立て』を行う中で学べることがあります。それは、お花作りの場面以外でも役に立つことだと思います。 お花の世界でこれを言うならば苔を使い、自然の風景に例えたり同じく苔を使い、まりもに例えた...

三重県津市 花屋 chelban [シェルバン] 花言葉13

  • 花言葉

花言葉13

 きれいな薔薇には棘がある、なんていう言葉があります。これは、バラを女性に例えて表現した言葉だと思うのですが、美しいものには、その美しさと反対に危険な面も備わっているということだと思います。危険な面があったとしても、バラに心が惹かれることに変わりはありません。本当に上手く...

三重県津市 花屋 chelban [シェルバン] 花言葉12

  • 花言葉

花言葉12

 先日、レッスンをしていて話になった事なのですが人間関係に悩んで自分自身も疲れて、何かわからなくなる時があるというお話でした。そんな時に考えたらいいのは自分の時間に詰めるものは、どんなものがいいのかということではないでしょうか。 たとえば、自分のことを嫌ってる人に何か...

三重県津市 花屋 chelban [シェルバン] 花言葉11

  • 花言葉

花言葉11

 自然から学ぶことは、いつも多くあります。 自分の年齢も踏まえて、『やりたいこと』を僕に話してくれる方がたまにみえるのですが、そんな時は、漠然とした不安を抱えている様子が観られます。 植物を用いて表現するとは、本当に会話や文章と同じことが行われているだけだと僕はい...

三重県津市 花屋 chelban [シェルバン] 短編『 blue.sky.blue 』

  • 短編集

短編『 blue.sky.blue 』

blue. sky. blue ある街の小さな動物園に人気者のペンギンの『菊ちゃん』がいます。 その小さな動物園でペンギンは菊ちゃんだけです。菊ちゃんはいつも空を見上げます。青空には白い雲が流れていて、いろんな形に姿を変えます。青空を自由に泳ぐ白ペンギン。 菊ちゃんは青空の白ペンギンに恋を...

三重県津市 花屋 chelban [シェルバン] 短編『ゾウのバルーン』

  • 短編集

短編『ゾウのバルーン』

 『ゾウのバルーン』 ある日、ある街の、ある昼下がり。 バカな大人達は世の中の「いらないモノをどうすればなくせるか考えていました。  街の広場の噴水の前に集まり、「いらないモノ」について話し合っているのです。**「えー、みなさんに集まってもらったのは他でもなく、「...

三重県津市 花屋 chelban [シェルバン] 花言葉10

  • 花言葉

花言葉10

花は場を心とするのが良いと思う。自分の中だけに、心を思うことはない。それゆえに、風や空気と思い、場を流れ、今を束の間に感じあえれば、それが良い。 以前に、池内さんから紹介して頂いた秋山裕野さんから購入させて頂いた砥部焼の茶碗です。秋山さんは古美術の造詣が深い方で、ご自身で...

三重県津市 花屋 chelban [シェルバン] 花言葉9

  • 花言葉

花言葉9

命をもって、命の話をするのが花をすることのように思える。自分以外の命をもって、行うことなので少しも偉くも賢くもない。せめて花をする時は、自分の心の柔く脆い部分を思えるようにするのが良いと思う。   その人に分かり易い言葉で伝える為に、強いや弱いなどと言うことがあり...

Number of 1〜10 / Total 18

Online Store

Calender